参考文献(ハーブティー・健康茶)

スポンサーリンク

有限会社 百華茶苑  【ハーブティー健康茶専門店】
H O M E 商 品 一 覧 名 称 索 引 英 名 索 引 学 名 索 引 会 社 案 内 参 考 文 献 問い合わせ
ご購入方法 ご 質 問 集 お客様の声 販売について 産 地 一 覧 用 語 集 基 礎 知 識 サイトマップ

【ハーブティー薬草データベース】参考文献


機能障害は予防が重要です スポンサーリンク
脳卒中・・・脳血管障害といいます。中風とも呼ばれる。
高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
肝臓機能障害・・・肝炎・肝硬変に進行する可能性がある
動脈硬化・・・動脈が老化し、弾力性が失われて硬くなる
自律神経失調症・・・原因不明の自律神経系の不定愁訴
滋養強壮・・・栄養補給と健康的にして、強い体を作る
心筋梗塞・・・冠動脈が閉塞すると心筋は壊死に陥る

  サイト内の関連するページと広告

参 考 文 献
【牧野和漢薬草大圖鑑】 岡田稔監修、2002、北隆館
【英国王立園芸協会 ハーブ大百科】 D・バウン著、高橋良孝監修、1997、誠文堂新光社
【新・花と植物百科】 英国王立園芸協会監修、2001、角川書店
【薬用ハーブ完全図解ガイドメディカルハーブ】P・オディ、衣川湍水・上馬場和夫監修1995、日本ヴォーグ社
【生薬単】 原島広至著 伊藤美千穂・北山隆監修 2007 潟Gヌ・ティー・エス
【機能性食品素材便覧】 清水俊雄・志村二三夫・篠塚和正著、2004、薬事日報社
【ハーブ図鑑110】 L・ブレンネス著、槇島みどり監修、1992、日本ヴォーグ社
【ハーブの安全性ガイド】 クリス・D・メレテス著、2003、フレグランスジャーナル社
【生と死の妙薬】 レィチェル・カーソン著、1972、新潮社
【ハーブスパイス館】 田部井満男、2000、小学館
【ハーブ学名語源事典】 大槻真一郎、尾崎由紀子、2009、東京堂出版
【ペットのためのハーブ大百科】メアリー・L・ウルフーティルフォード、グレゴリー・L・ティルフォード著、
 2004、潟iナ・コーポレート
【世界の名茶事典】 野間佐和子、1998、講談社
【薬草茶・健康茶カラー百科】 伊澤一男監修、1996、マキノ出版
【やさしいハーブ入門】 ハーブわかば会著、1995、金園社
【メディカルハーブの事典】 林真一郎著、2007、東京堂出版
【ハーブで元気】 林真一郎著、1999、講談社
【メディカルハーブLESSON】 林真一郎著、1996、主婦の友社
【ハーブティー図鑑】 板倉弘重監修、2006、主婦の友社
【緑の薬箱ハーブセラピー】 林真一郎著、1999、日本放送出版協会
【メディカルハーブ安全性ハンドブック】 メディカルハーブ広報センター監修、2001、東京堂出版
【高等植物分類表】 米倉 浩司 2009 竃k隆館
【薬湯-身近な野草で健康風呂-】 大海淳著、1994、農山漁村文化協会

がん(悪性腫瘍)について スポンサーリンク
がん(悪性腫瘍)・・・浸潤し増殖・転移する悪性のもの
肺がん・・・死亡率1位。煙草などが原因です。
・胃がん・・・男性が女性より多い。早期発見が重要です。
肝臓がん・・・肝炎ウイルスが原因。お酒の飲みすぎに注意。
大腸がん・・・食生活の欧米化が増加の原因と言われている。
乳がん・・・女性の約20人に一人。定期検診で早期発見
子宮がん・・・早期発見では、ほぼ治せます。

【山菜・薬草早わかり百科】 田中孝治監修、1992、主婦と生活社
【家庭で使える薬用植物大事典】 田中孝治著、2002、家の光協会
【ハーブの知識と応用】 小松美枝子著、1995、グラフ社
【手作り健康茶大百科】 村松邦彦、1996、主婦の友社
【飲食物・嗜好品とくすりの相互作用】 福岡県薬剤師会薬事情報センター、2005、福岡県薬剤師会
【中国茶の愉しみ】 日本放送協会編集、2001、日本放送出版協会
【香りと花のハーブ図鑑500】 村松邦彦、1996、主婦の友社
【薬用植物学】 奥田卓夫、1998、廣川書店
【暮らしにいかすハーブ図鑑】 神蔵嘉高著、1997、講談社
【ハーブの事典】 小松美枝子・小松紀三男著、1998、成美堂出版
【食品薬学ハンドブック】 北川勲・吉川雅之、2005、講談社
【有用植物和・英・学名便覧】 由田宏一、2004、北海道大学図書刊行会
【ハーブ】 高橋章著、1995、西東社
【薬草カラー図鑑】@ABC 伊澤一男著、1995、主婦の友社
【ハーブティーおいしく飲んで美しく健康に】 佐々木薫著、1999、池田書店
【ハーブの写真図鑑】 L・プレムネス著、高橋良孝監修、1995、日本ヴォーグ社
【日本の薬草】 貝津好田孝著、1995、小学館
【健康食品バイブル】 西崎統監修、2000、主婦と生活社
【ハーブ・サプリ・バイブル】 E・ミンデル著、2003、ネコ・パブリッシング
【ハーブの花アルバム】 ハーブス編集委員会、1991、誠文堂新光社
【薬草】 井波一雄・会田民雄著、1995、山と渓谷社
【山草図鑑】 渡辺章悟、1995、栃の葉書房
【元気をくれるハーブティーコレクション38】 日本ハーブ協会連絡協議会監修、1996同文書院
【野草】 平野隆久監修、1997、永岡書店
【薬草ハーブ】 ハーブ編集部、1995、誠文堂新光社
【香りを楽しむ中国茶の事典】 成美堂編集部、2002、成美堂出版
【はじめてでもすぐできるアロマテラピー】 高野恵子・星田晴美監修、三心堂出版社
【ポケット図鑑薬草】 矢萩信夫・矢萩禮美子、1994、成美堂出版
【メディカルハーブ】 P・オディ著、1997、河出書房新社
【アロマテラピー・マッサージ】 K・M・ハドソン著、1997、河出書房新社
【果実酒・薬酒108種】 小谷英三著、1995、夕紀書房
【花と緑の四季ノートヘルシー・ハーブ】 槙島みどり・秋本由紀子著、1989、学習研究社
【身近にある毒草100種の見分け方】 中井将善著、1996、金園社
【薬草・漢方薬効きめのある飲み方作り方】 鈴木ヤエ・松田智恵子著、1994、新星出版社
【目で見る薬草百科】 橋本竹二郎著、1994、永岡書店
【家庭でできるお茶健康法】 伊澤一男著、1995、ナツメ出版企画
【健康食品・中毒百科】 内藤裕史、2007、丸善株式会社
【自然農薬で防ぐ病気と害虫】 古賀綱行、2000、社団法人農山漁村文化協会
【飲む健康】 神谷幸彦、1995、パッチワーク通信社
【病院の検査がわかる検査の手引き】 安藤幸夫著、1990、小学館
【病院の検査結果早わかり事典】 村山たかし著、2000、新星出版社
【食品の裏側】 安部 司著、2005、東洋経済新報社 
【世界を騙しつづける科学者たち上・下】 ナオミ・オスケス、エリック・M・コンウエイ、2011、滑y工社
詳細な資料は、ハーブティー薬草データベースを参照して下さい。

お問い合わせについて
・多くのお客様からお医者様から処方されている薬と一緒にハーブティーを飲んで良いのかとの
 お問い合わせが有ります。
・百華茶苑では、【ハーブティー薬草データベース】を作成して病状、症状別の分類や副作用医薬品との
 併用などの資料があります。
 ハーブティーに関する疑問やご質問などお気軽にご相談下さい。
・欧米では、 メディカルハーブ【植物療法】とも言われ資格者が処方しているハーブもあります。
・日本では、ハーブティーですが諸外国では、医薬品として使用されているものもありますので
 ハーブティーとして間違った飲用をしないようご指導いたします。

広告

著者のブログの紹介
薪ストーブの苦楽 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 耳鼻・咽喉 血 圧
糖 尿 男 性 目〔老化〕 歯・口腔衛生 感染防止 オリジナル ペット用

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブを調べるには、役立つ索引です
 名 称 索 引 ・英 名 索 引 ・学 名 索 引 ・用 語 集
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培し育てた記録の一覧表。

百華茶苑の蓄積した資料  ハーブティー薬草データベースハーブティー薬草データベース

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved